林純薬工業株式会社

LOADING

重点テーマ 01 [ 製品・サービスの向上 ] 産業を創造しよう

ニーズに応える開発、
安全と安心をつくる技術

社会の多様な課題やニーズに応える
基礎材料や技術を開発し、
産業基盤の発展に寄与します。
また、製品やサービスを社会に提供する
企業の責任として、安全性の確保と品質管理を
実行します。

ISO9001認証取得

マテリアリティ 1 次世代に向けた研究開発 (電子材料・試薬化成品)

社会貢献に⽋かせない研究開発。その機能と能⼒の向上につながるチームの連携を強化します。環境への負荷を低減する、地球に優しい製品開発に向けて、電⼦材料・試薬化成品と共に技術⼒の進化と深化に努めます。

  • 〈 行動目標 〉

    □環境への負荷低減につながる
    製品開発の継続・発展

    □研究開発強化につながる投資

  • 〈 関連するSDGs 〉

    • 働きがいも経済成長も
    • 産業と技術革新の基盤をつくろう

マテリアリティ 2 お客さまの満⾜につながる
サービスの向上 (受託・調液・調製・合成)

新しい製品開発に対して先進技術に挑むことで、これまでにない価値の創造を追求します。ライセンス⽣産となる「受託加⼯」、特注品に応える「調液」と「調製」、世の中に存在しないものをつくる「化合物合成」の4つの領域を軸に、サービスの向上に努めます。

  • 〈 行動目標 〉

    □受託加⼯サービスの強化

    □お客さまのリクエストに応える
    調液・調製

    □新規化合物に挑む受託合成

  • 〈 関連するSDGs 〉

    • 働きがいも経済成長も
    • 産業と技術革新の基盤をつくろう

マテリアリティ 3 産官学⺠連携

地域と共に未来を考え、課題に取り組むために、産官学⺠連携によるイノベーションを創出します。同じ志を抱くパートナーシップを深めていくことで、豊かな未来づくりに貢献します。

  • 〈 行動目標 〉

    □電⼦⼯業⽤機能性薬品の開発

    □新しい検査⼿法に適応した試薬の開発

    □製品の品質保証能⼒を向上させる
    QC技術の開発

  • 〈 関連するSDGs 〉

    • 産業と技術革新の基盤をつくろう
    • パートナーシップで目標を達成しよう

マテリアリティ 4 品質と化学物質管理の徹底

「つくる責任」として、厳しい品質と規格管理のもと、継続的に品質向上のための開発・⽣産の基幹となるプロセスを⾒直し、
最適化と効率化に取り組みます。

  • 〈 行動目標 〉

    □分析装置の⾼度化

    □学術チームによる化学物質の規格と
    安全データ管理

    □生産プロセスでの品質管理

  • 〈 関連するSDGs 〉

    • つくる責任 つかう責任

マテリアリティ 5 供給体制の充実化

試薬や化学薬品に採用する密閉容器は、時代や用途に合わせて選定。常に最も安全かつ最適な容器へと進化させることで、サービスの向上につなげています。また、大阪、三重、鳥取、佐賀の自社拠点を中心に、全国へ安定的に供給できるネットワークの維持・発展に努めます。

  • 〈 行動目標 〉

    □使用用途や生産・製造環境に
    最適な容器選定

    □生産ラインごとに専用化した
    リンク容器の運用

    □安全と安定を確保する
    製品供給システムの開発と導入

  • 〈 関連するSDGs 〉

    • 産業と技術革新の基盤をつくろう
    • つくる責任 つかう責任

当社Webサイトでは、サービスの品質維持・向上を目的としてCookieを使用しています。
個人情報の取り扱いについては当社「プライバシーポリシー」をご確認ください。
Cookieの使用に同意いただける場合は「同意します」をクリックしてください。