林純薬工業株式会社

LOADING

私たちのビジョン

  • 強く、
    しなやかに、
    挑む。
  • 明治37年の創業以来、
    電子材料と試薬化成品を事業の軸としながら、
    さまざまなものづくりに貢献してきました。
    まもなく120周年を迎える今、私たちは経済、環境、社会と
    あらゆる観点において不確実な時代のなかにいます。
    林純薬工業は事業全域で持続可能な未来の実現に向けて
    さまざまな社会課題に向き合い、
    どのような危機も柔軟に受け⽌め、反発⼒に変えて
    新しい未来を創造する、
    レジリエントなチームをめざします。

トップメッセージ

電子材料は深く、試薬は広く。
持続的な成長に向けて
林純薬工業は挑み続けます。

林純薬工業は1950年から試薬製造を開始し、問屋から試薬メーカーへと転換。1980年代から電子工業用薬品、半導体産業向け機能性薬品の技術開発に発展しました。当社の電子材料事業は拡大し、ウェットエッチングなど特定のプロセスの市場では大きなシェアを誇ります。

現在、電子デバイス産業はデジタル化やインフラ整備の加速に伴い、半導体関連商品の需要が急激に高まっています。この需要の高まりに伴い、林純薬工業は電子材料の生産能力をより強化し、より安定したサプライチェーンの構築を推し進めています。好調な電子デバイス産業を支える技術やノウハウを持つ電子材料ですが、試薬という大きな基盤があったからこそ発展できたと言えます。

試薬事業はこの20年間で、微量の残留農薬を測定するための「特定用途試薬」の技術で新たな事業分野を開拓し、市場で存在感を示すことができました。これからは試薬事業をベースに特定分野を深堀りし、事業化するモデルを強化していきたいと思います。研究や分析に用いられる試薬は、化学、ライフサイエンス、エレクトロニクス、環境など、あらゆる分野で必要とされるため、ビジネスチャンスは無限大です。

今後は、電子材料はより深く、試薬はより幅広く、お客さまに価値を提案し続けたいと考えています。試薬という土壌から各事業分野の木が生い茂り、人々の生活を豊かに導く大きな林のような存在になるために、私たちの挑戦に終わりはありません。

代表取締役社長

和田 清之

事業・製品

サステナビリティ

当社Webサイトでは、サービスの品質維持・向上を目的としてCookieを使用しています。
個人情報の取り扱いについては当社「プライバシーポリシー」をご確認ください。
Cookieの使用に同意いただける場合は「同意します」をクリックしてください。