林純薬 – 電子材料、試薬、標準品の製造、販売

試薬化成品

2015年11月06日

学習/トレーニング用 臭質サンプル 『オフフレーバーキットⅡ』の販売開始

食品中のオフフレーバー(異臭)は大きな健康被害につながることは少ないものの、クレームの原因となります。オフフレーバー問題に対応するためには、関係者がそのオフフレーバーを正しく把握することが必要です。オフフレーバーは機器分析で数値化することも可能ですが、機器分析には時間がかかり、またごく微量で強いにおいを持つ化合物があるなど、嗅覚での検査は重要な位置づけにあります。

弊社では、ご好評をいただいておりますにおいの質を覚える臭質トレーニングのための「オフフレーバーキット」第2弾を一般社団法人オフフレーバー研究会(http://www.fofsg.jp/)の企画により発売することとなりました。9種類の臭質とブランクを含み、より充実したラインナップとなりました。

56666

詳細につきましては、以下のページをご覧ください。

 

ページ上部へ